第46代理事長・坂東諭から皆さまへ、箕面青年会議所の情報をお届けします。

 

理事長ブログ

大阪ブロック協議会 大納会

12月1日、毎年恒例の大阪ブロック協議会 大納会が開催されました。

 

大阪の各地青年会議所で行われている様々な事業が紹介され、その中から3つの事業が優秀賞に選ばれます。

 

今年は残念ながら、優秀賞には選ばれませんでしたが、メンバー一同本当に素晴らしい事業を開催できましたことは、心より感謝するばかりです。

 

また、一年間箕面JCから大阪ブロック協議会の各委員会に出向された皆様本当に一年間お疲れ様でした!

 

どの委員会にも、優秀賞を上げてほしい気持ちです。本当に、箕面JCと大阪ブロックとの両立をされ大変忙しかったとことと思いますが、その分得るものも大きかったことと思います。

 

残り1ヶ月となりましたが、2011年のJC運動・活動をどうぞ最後までよろしくお願いいたします!

姉妹JC 香港ペニンシュラJC公式訪問 11/10~13

11月10日(木)~11月13日(金)の4日間

 

姉妹JCである、香港ペニンシュラJCに公式訪問を行ってまいりました。

 

本年度の理事長matthew君はじめとするPJCメンバーの熱い歓迎を受け、大変充実した4日間を過ごさせていただきました。

 

今回の公式訪問の目的は、

 

①東日本大震災への復興支援に関するお礼

 PJCメンバーより1000US$のご寄付をいただきました。

 

②2012年箕面JCの45周年PR

 

③お互いの事業の情報交換

 

④メンバー間のフレンドシップの向上

 

です。

 

同じJCでも、国が変わると、そのスタイルとは様々です。

 

PJCの取り組みを学ぶことで、私達の今後の事業のあり方について、大変学ぶことが多くありました。

 

また、姉妹JCとの友情をさらに深いものに出来たことは、本当に嬉しい限りです。

今年は、大震災が発生してから、すぐにPJCメンバーが箕面JCに暖かい支援の手を差し伸べてくれたことは、世界に広がるJCの素晴らしさだと改めて感謝するばかりです。

 

PJCのメンバーの皆様には、4日間本当にお世話になりました。

 

来年は、どうぞ箕面、大阪の地を堪能していただきたいと思います。

第22回MOA美術館箕面市児童作品展表彰式

10月30日(日)ライフプラザで、第22回MOA美術館箕面市児童作品展表彰式に参加してまいりました。

 

毎年、社団法人箕面青年会議所賞を贈らせていただいています。

 

今年は、書写の部からは、「夕方」の作品

 

絵画の部からは、「野球」の作品

 

を選ばせていただきました。

 

沢山の素晴らしい作品から、選ぶのはとても難航しましたが、今年は上記の2作品を選ばせていただきました。

 

来年は、どんな作品が出展されるか楽しみです!

 

受賞された皆様、おめでとうございました!

 

また、今回は残念ながら受賞作品に選ばれなかった皆様、来年は是非受賞目指してがんばってください!

公益社団法人日本青年会議所 第60回全国大会

9月29日(木)~10月2日(日)の4日間で開催されました、社団法人箕面青年j会議所 第60回全国大会 名古屋大会に参加してまいりました。

 

本年度は、3月11日の東日本大震災、台風12号・15号による災害など、本当に国難という状況の中での開催となりました。

 

しかしながら、全国のメンバーが、被災地の復旧・復興に日々取り組んでいる姿、そしてこれからの復興に向けての取り組みなど、JCならではの熱い情熱と、熱い友情を感じる大変素晴らしい大会となりました。

 

詳細に関しては、下記のページよりご覧下さい。

http://www.facebook.com/pages/%E7%AC%AC60%E5%9B%9E%E5%85%A8%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E5%93%A1%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%A4%A7%E4%BC%9A/129881530417772?sk=wall

 

そして、全国大会といえば、やはり卒業式です。

 

今年は、箕面JCより3名の卒業生を送り出します。

 

田中順也君、中田雄之君、政倉健太郎君(入会順)

 

本当に、今まで箕面のため、仲間のためにご活躍頂きありがとうございました。

 

まだ、残り3ヶ月ございますが、最後の最後までJCライフをエンジョイしてください。

本日は、交通安全推進協議会でした! 8月29日

毎年行われている、交通安全啓蒙週間に向けて、交通安全推進協議会幹事会が開催されました。

 

今年の秋の交通安全啓蒙日は、9月21日(水)午前7時30分~午前8時30分に箕面市の各地域で、行われます!

 

その日以外にも、様々な交通安全推進運動が開催されます。

 

皆様、車の運転には是非気をつけてください。

 

ちなみに、飲酒による事故もまだまだ多いようです。本当に気をつけてくださいね。

箕面まつり 完売御礼

7月30日(土)・31日(日)に開催されました、箕面まつりにおいて、毎年恒例の箕面JCブースを開設させていただきました。

 

当日はパイナップル1本200円を販売させていただき、30箱仕入れたパイナップルも皆様のご協力のおかげをもちまして、見事完売出来ました。

 

今年で6年連続となるパイナップル販売ですが、6年続けていると沢山尾お客様から

 

「今年も食べに来たよ。」

 

「パイナップルさがしててん」

 

などなど、多くの皆様から本当に温かい言葉をいただき、メンバー一同感謝しております。

 

そして、昨年同様に、今回の収益金は全て箕面市が実施している「世界子どもの本アカデミー」に寄付させていただきます。

 

箕面市の子ども達に少しでもお役に立てられれば幸いです。

 

また、今回は東日本大震災復興支援ブースとして「東北物産ブース」が開設されていました。

 

私達のメンバーも、このブースのお手伝いをさせていただきました。

 

二日間にわたる東北物産の販売は、お蔭様でほとんどの商品を販売することが出来ました。心より御礼申し上げます。

 

まだまだ、復興支援に関しては長期的な支援が必要ですが、このような積み重ねが本当に大切だと思います。

 

最後になりますが、この二日間私どもの活動にご協力いただきました皆様に改めて御礼申し上げます。

 

本当にありがとうございました。

 

 

サマーコンファレス2011in横浜 7月16日・20日

毎年恒例のサマーコンファレスが、横浜みなとみらいの地で開催されました。

 

今年は、東日本大震災を受けての開催ということで、例年より規模を縮小しての開催でしたが、復興に向けて、各地青年会議所のメンバーが、それぞれの地から、それぞれの出来ることを、取り組んでいることを改めて肌身で感じることが出来ました。

当日は、被災された東北ブロックのメンバーも多数参加され、復興支援の御礼と今後、長期期間にわたるであろう復興支援へのお願いに来られていました。

 

参加メンバーの中には、会社を流され被災している方もおれましたが、メンバーの支援に御礼を伝えたいということで、横浜の地まで駆けつけている方も沢山おられ、JCの友情の深さを感じました。

 

私達、箕面JCとしても今後、どの様な支援が出来るのかを本気で、もう一度考えていかなければなりません。

 

改めて、東日本大震災で人と人との絆の大切さを、横浜の地で感じることが出来ました。

そして、二日間にわたるセミナーも大変有意義なものが多く

「10年先の日本へ ともに歩もう確かな一歩!」をメインテーマとして様々な学び、気づきを得られることが出来ました。

 

学んだことを、1つでも多く、箕面市の明るい豊かなまちづくり運動・活動に生かしていきたいと思います。

韓国大阪青年会議所認准40周年記念式典に参加 7月15日

韓国大阪青年会議所認准40周年記念式典が、盛大にリーガロイヤルホテルで開催されました。

 

水沼専務と二人で、参加させていただきました。

 

日本の中にある韓国青年会議所のLOMということで、私達とは少し違う形でのLOMですが、明るい豊かなまちづくりを目指す同志としての志は全く同じです。

 

日本という異文化の中でも、40年間もの長きにわたりJC運動・活動をされている韓国大阪JCメンバーの歴史は、きっと私達の想像を絶する努力があったことと思いますが、本当に素晴らしい様々な事業を展開されていました。

 

私達も学ぶことが沢山あります。来年の箕面JC創立45周年に向けて改めて気を引き締めていきたいと思います。

わんぱく相撲大阪府決勝大会 6月19日(日)

毎年恒例の公益社団法人日本青年会議所近畿地区大阪ブロック協議会の主催の本、各地域での予選を突破した子ども力士が一同に会しての大会です。

 

各地域の予選を勝ち抜いてきただけあって、子ども達はすごい意気込みでした!

 

 

学年ごとに部門が分かれているのですが、優勝者は全国大会に出場し、両国国技館にて相撲を行います。

 

高校球児が甲子園を目指すように、子ども力士達は、夢の舞台に向かっての真剣勝負が繰り広げられていました。

 

しかし、小学6年生ともなると、私よりも身長が大きかったです。

 

たぶん、、いや、絶対に負けますね。すごい迫力でした。

 

今回、優勝した子ども力士の皆さん!日本一を目指して頑張ってくださいね!

 

東日本大震災支援事業in仙台

6月4日(土)・5日(日)に、4月23日・24日に箕面市内で実施いたしましたチャリティー事業での支援金(チャリティーリングの売上金)を活用して、東北楽天ゴールデンイーグルスとの共済事業を開催してまいりました。

 
6月4日(土) 陸前高田市の子どもとそのご家族計約120名
6月5日(日)南三陸町の子どもとそのご家族計約120名
 
二日間にわたり合計約240名の皆様を、楽天球場にご招待してのチャリティー事業を開催いたしました。
 
午前中に到着した子ども達は、屋台形式の昼食を楽しんだ後、球場見学を行い、その後ファームの楽天対ヤクルトの試合を観戦(二日とも楽天の見事な勝利!)
 
 試合終了後、約1時間選手とのふれ合い野球教室で、日頃身体を動かすスペースの無い子ども達が、思いっきり身体を動かし楽しい一時を過ごしていました。 (子ども達は避難所生活を送っていたり、グランドには仮設住宅が立っていたり、公園や広場は自衛隊の待機場所になったりしており、この2ヶ月遊ぶことも運動することも出来ない状態ということです。)
帰り際には、下記のお土産をプレゼントしました。
プレゼント内容は
楽天グッズ一式(帽子、マー君うちわ、バッジ、ステッカー)
お弁当
カタールからのバックパック&日常品一式
明石市から練習用ボール
箕面市民のメッセージ付チャリティーブレス
メキシコの子ども達からのメッセージ
箕面市の司書の方からの絵本
摂津JCから歯磨きセット、以上の盛りだくさんの内容です。
 
避難所又は被災地域で過ごす子ども達にとって、たった一日かも知れませんが、笑顔溢れる素晴らしい一日になったことと思います。
 
最後に、子ども達を代表してのお礼のメッセージには、全員涙なくしては聞けない、本当に素晴らしい内容でした。 大人の私達が、もっと頑張らないといけないと改めて感じました。
 
取り急ぎご報告まで

ASPACマニラ大会   5月30日(月)

5月26日(木)夜から5月29日(日)の3泊4日間

 

JCI ASPACマニラ大会に行ってまいりました!

 

今回は、古崎副理事長、中田卒業予定者、高橋総務副委員長の4名で参加し、熱い熱いマニラ大会を経験してまいりました。

 

私個人としては、初めとのフィリピンでしたが、時差は1時間ほどしかないためあまり体力的には問題なかったのですが、フィリピンの人たちの熱気には、昭和の時代の日本人の勢いと同じ力を感じました。

 

成長著しい国のパワーを肌身で感じることは、JCIの世界ネットワークの素晴らしさですね。本当に良い体験をさせていただきました。

 

現在、疲れがどっと押し寄せて来ているのですが、日本での日常生活の流れに一日でも早く戻れるようがんばります!

 

姉妹JCの香港ペニンシュラJC理事長のマシュー君に日本からの記念品を贈呈!

大好評でした!

ペニンシュラJCマシュー君より記念品を頂きました!

日本の早期復興の願いを込めた作品だということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の親睦会

5月22日(日)

毎年恒例のメンバーの家族同志が親睦を深める、夏の親睦会が奈良県の「信貴山のどか村」で開催されました。

 

集合時は、天気もぎりぎり良かったのですが、集合写真を撮った後から、雨が降り始め、そして風が吹き始めと、天候には恵まれませんでしたが、

 

ビニールハウスでのイチゴ狩り

 

ハウス内でのバーベキュー

 

そしてクイズ大会にビンゴゲーム大会と、雨にも負けず大いに盛り上がりました!

しかし、年に2度開催するメンバーの家族との懇親会ですが、毎年子ども達がどんどん大きくなっている成長を見ると、時の流れの早さをしみじみと感じてしまいます・・・

 

遊び方も変わってきますしね。

 

 

今回の夏の懇親会は、企画から運営まで千貫委員長が率いる、会員開発委員会の皆様が行ってくれました。

 

予想以上の雨風の中、本当に楽しい一時を過ごさせていただき心より感謝いたします。

 

次回は、冬のクリスマス家族会ですね!楽しみにしております。

 

 

 

 

韓国大阪青年会議所 40周年記念公開定例会

5月15日(日)午後3時から大阪韓国青年会議所の創立40周年を記念しての公開定例会が、大阪商工会議所の大ホールで開催されました。

 

古崎副理事長、水沼副理事長兼任専務理事そして私の3名で参加してきました。

 

講師は、あの有名な脳科学者である茂木健一郎氏です!

 

「みんな違って、みんないい」というテーマで、約1時間30分のお話を聞きました。

 

これからの時代に必要なことは、「学力」よりも「つながり」をつくれることだと、様々な例を出しながらお話されていました。

 

確かに、自分一人で出来ることは小さいことかも知れませんが、色々な人をつないでいくことで、一人ではなしえない大きなことが実現できます。

 

人間の素晴らしい能力というのは、異なる思想、能力、文化などを結びつけることによって、新たな創造を成し遂げられることだと学ばせていただきました。

 

まさに「みんな違って、みんないい」なんですね。

 

 

ちなみに、この言葉は金子すずさんの詩のタイトルを引用されているそうです。

 

昔私もこの詩を読んだことがありますが、改めて読み返すと意味がとても深まりますね。

 

松原会長と記念撮影   水沼専務が一番目立ってますね^0^
松原会長と記念撮影   水沼専務が一番目立ってますね^0^

春の交通安全週間啓蒙活動

本日、毎年恒例の春の交通安全週間の啓蒙活動を行いました!

 

 

といきたかったのですが、本日は朝からの雨のため中止となりました。

 

しかしながら、早朝7時30分の阪急桜井駅には、多くのメンバーが駆けつけてくれていました!

皆さん本当にありがとうございます。

 

今回は残念ながら中止でしたが、秋にも交通安全週間の啓蒙活動がありますので、その時は、今回の分までがんばりましょう!

本日ご参加いただきましたメンバーを紹介いたします。

岩井直前理事長

古崎副理事長

水沼副理事長兼任専務理事

高田拡大副議長

黒山君

中村君

松浦君

本村君

そして私の合計9名でした!

 

皆様朝早くからありがとうございました!

 

 

 

 

憲法タウンミーティング

5月3日憲法記念日に毎年実施しております、日本JC主催の全国一斉憲法タウンミーティングに参加してまいりました。

 

今回は、大阪ブロック協議会大阪の絆確立委員会が、大阪ブロックの実行委員会としてGWの真っ只中にもかかわらず、設営していただきました。

 

箕面JCからは、古崎副理事長、佐藤副理事長、水沼副理事長兼任専務理事と私の4名で参加してまいりました。

 

憲法について、年に一度は真剣に考える場として本当に貴重な時間をすごさせていただきました。

 

今回のパネルディスカッションの出演者は

 

コーディネーター:ラジオパーソナリティー 中村鋭一氏

 

パネリスト:大阪市市長 平松邦夫氏

パネリスト:女優・作家 遥 洋子氏

パネリスト:大阪ブロック協議会会長 奥野晃市君

豪華なメンバーで、行われました。

祝日の合間ということもあり、参加人数は、少し寂しかったものの、参加した方々は自国の憲法について考える充実した機会だったと思います。

 

現在の憲法の大切さ、そして問題点など、様々な立場で、そして角度から各パネリストが発言されており、やはり色々な方の意見を知るということは、とても重要なことと改めて学ぶことができました。

 

来年も、実施される予定ですので、皆様次回は是非参加してくださいね。

 

 

 

 

4月29日チャリティー活動

4月29日(金・祝)箕面の川床のオープニングイベントが実施されるということで、急遽有志のみで、4月23日・24日に引きつぢき、チャリティー活動を行いました。

 

義捐金もさることながら、被災地域の子ども達への励ましのメッセージを沢山頂くことができました。

 

一人ひとり、心を込めて書いていただけたメッセージです。

皆さん、被災地の子ども達に対する思いはほんとに一緒なんだと感じました。

まだまだメッセージを沢山集めていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

上島先輩にもメッセージを頂きました!

また、当日は沢山の先輩の皆様にもご協力を頂きました。本当にありがとうございます。

 

そして、今回も市民ボランティア2名、学生ボランティア2名の合計4名の方にお手伝いを頂きました!ほんとにほんとにありがとうございます。

 

また、何よりも、連休初日の繁忙期にもかかわらず、お店の前のスペースをお貸し下さいました、狩人食堂の立見先輩!本当にありがとうございます。

本来なら、立見副委員長も仕事のお手伝いをしないといけないにもかかわらず、「ええことやってんねんから遠慮するな!」といって快く、場所の提供と立見副委員長を参加させていただき心より御礼申し上げます。

 

やはり、私たちは多くの方々に支えられながらJC運動・活動ができているのだと改めて知る機会となりました。

 

 

 

御礼

4月23日(土)24日(日)に開催させていただきました、「がんばろう東北!箕面から被災地の子どもたちに元気を送ろう!」のチャリティー事業が、お蔭様で無事終了いたしました。

 

初日は、雨風がひどくテントで雨風をしのぎながらの実施となりましたが、大変多くの皆様にご来場いただき誠にありがとうございます。

 

今回のチャリティー事業におきまして、私たちをサポートしていただきました、箕面市民のボランティアの皆様、大阪大学、関西大学の学生ボランティアの皆様、そして私どもの同志である摂津青年会議所伊丹理事長をはじめとするメンバーの皆様には本当に多大なるご尽力を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。

 

そして、被災地の子ども達に一生懸命に心のこもったメッセージを多くの方にいただきました。本当に多くの皆様のご協力ありがとうございます。

 

スタッフに説明をしている社会開発委員会谷森委員長

街頭にてチャリティーブレスのPRをするスタッフの勇姿です。

そして、われらが箕面のアイドル「たきのみちゆずる」君も大活躍でした!

途中、駆けつけてくれましたJCOBの原田先輩と一緒に記念撮影です。

 

 

今回集まりました、支援金とメッセージは、またホームページにて詳しくご報告させていただきます!

 

皆様、本当にご協力ありがとうございました!

 

箕面市交通安全推進協議会 総会に参加

昨日4月19日に箕面市交通安全推進協議会の総会に参加してまいりました。

 

箕面市の交通安全を考える大切なお集まりで、箕面市の各種団体様のご代表が一同に会しての総会でした。

 

毎年、警察署をはじめてとして市民みんなで、交通安全の啓蒙活動を行っている成果もあり、年々交通事故は減少しているようです。

 

しかしながら、昨年は箕面市でも2件の死亡事故が起こっており、まだまだ課題も多く残されているようです。

 

特に交通事故が多発しやすいのが、午後4時~午後6時の夕暮れ時だそうです。

 

ドライバーの方も、暗くなり始めて来る時で、視界が悪くなり始める時間帯であることと、もう一つは

 

ドライバーだけではなく、自転車で帰る子ども達も帰宅に向けて急ぎ足になっている時間帯ということもあり、夕暮れ時は本当に危険だそうです。

 

 

「急がば回れ」のことわざ通り、急ぎたいときにこそ、冷静に落ち着いて帰宅の途につくよう心がけてまいりましょう!

 

チャリティー子どもカット

                           4月6日(水) 

 

 

皆様こんにちわ。

 

今回は、私の勤務する理美容サロン「バービック」で4月4日に開催いたしました東北関東大震災支援イベント「チャリティー子どもカット」が無事に終わりましたのでご報告させていただきます。

 

 

今回は、春休みのお昼時に開催させていただき、午後1時から午後5時までの間に

 

 

総勢83名(保護者の方を入れると約160名)の方にご参加頂き

 

 

総額89,300円集まりました!

 

短い期間の告知だったので、どれだけ集まるか心配でしたが、これほど多くのお客様にお集まり頂き心より感謝感謝です。

 

 

 

 

 ほとんど休むことなく、カットし続けたスタッフでしたが、充実感溢れるいい笑顔で仕事が出来ました。

 

 

また、今回のチャリティーカットを通じてこんなエピソードがありましたのでご紹介させていただきます。

 

 

『私は、茨城県で被災し今は北摂の知り合いのところに非難しています。今回のイベントを知り、こんな遠くの皆様に応援していただいていることを知って本当に感謝しています。』と被災されたお母さんが、お子様を連れてカットしに来てくれました。自分自身も被災者なのに、義援金として1,000円を寄付してくれました。こんな身近なところにも、震災の影響を感じるエピソードでした。

 

 

 

スタッフ『今回は、チャリティーカットなので1,000円ですよ』

お客様『いつもバービックでカットしてもらっており、いつもは2,000円だから今日も2,000円払います』

とおっしゃって、子ども二人分の4,000円を寄付してくれた方もおられます。

本当に、日本が一つになっているな~と感じるエピソードでした。

 

そして今回、寄付いただきました義援金は、下記の用途で使用させていただきました。

 

 

 

 

50,000円分は子どもたちの文具(100セット)を購入。JCを通じて被災地に届けさせていただきます。

1セットの内容・・・エンピツ4本、赤鉛筆1本、消しゴム1個、下敷き1枚、ノート1冊、折り紙1セット

 

 

 39,300円は、日本赤十字社に寄付させていただきました。

ご参加、ご協力いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

 

 

 

「箕面市の物資支援の仕分けボランティアに参加」

                   3月20日(日)

皆様こんばんは。

本日は、箕面市の社会福祉協議会が箕面市民に募集をしております、支援物資の仕分け作業のボランティアに参加してまいりました。

箕面市中から届いた本当に数多くの支援物資を、種類ごとに仕分けしなおし箱詰めを行う作業です。

ボランティアスタッフは箕面市民が参加し、多種多様な支援物資を一つ一つ確認しながら箱詰めを行っていました。

今までは、JC中心の支援活動ばかりに目が向いていましたが、箕面市内の市民の皆様も私たち同様に、今回被災された方々へ一日でも早く、一つでも多くの支援物資を届けたいという想いでいっぱいなのだと改めて気づかされました。

私たちは、JCという枠の中だけではなく、箕面市民としても支援のお手伝いをしっかりとしていかなければなりません。

今後、様々な支援のお手伝いの連絡が水沼専務理事よりあるかと思いますが、皆様1時間でも参加してみてくださいね。

 

「物資支援第2陣」 3月19日(土)

皆様おはようございます。

前回の皆様の温かいご支援に続き、今回は第二陣の物資支援を届けてまいりました。

今回は、食料品ではなく、「おむつ」「生理用品」「粉ミルク」「カイロ」を中心とした物資の支援となりました。

金曜日に、箕面市内のドラッグストアーで買い込み(もちろん、箕面市内でも必要とされる方も多いので、買占めは行っておりません)夜に水沼専務の会社で箱詰めを行いました。

第2陣
第2陣

土曜日の朝一番で、集荷場所に佐藤副理事長と共に搬入を行ってまいりました。数としては、大量な数とまではいきませんが、今はとにかく一刻も早く物資を届けていくことが優先されています。引き続き皆様のご支援ご協力よろしくお願いいたします。

 

3月16日(水)

箕面JCでは、今回の東日本大震災に対し、メンバー一同で最大限の支援体制に入りました。

 

今の私たちに何が出来るのか、どこまで出来るのか。その答えは、難しいのですが、でも今出来ることから一歩ずつ動き出していきたいと思います。

 

 

今回は、第一陣として日本JC独自に開設していただいた搬送ルートを利用し、箕面から物資の輸送を行います。

第一便の内容として

 

カップ麺、トイレットペーパー、ボックスティッシュ、無洗米、クッキー、タオル、おでん、ソーセージ、ローソクです。

 

まだまだ、数は少ないですが、とりあえずはステップワゴンがいっぱいになりました。

 

今回は、原先輩もたくさんのカップ麺をお持ちくださいました。本当にありがとうございます。

 

 

これから、箕面JCとしても物資支援、義捐金支援を継続的に行ってまいります。今後とも皆様のご協力何卒よろしくお願いいたします。

 

社団法人箕面青年会議所 第46代理事長 坂東 諭